中央大学ロースクールだより

中央大学ロースクール在学生が送る、ロースクールの情報などを書いていきます。

中央大学ロースクールだより11月号

f:id:Tarominyax:20171205160042j:plain

作っていただいたアイキャッチ画像!

 

お久しぶりです。みにゃたろっくです。

 

のだみさん*1に、早くブログ更新しろと尻を叩かれた(物理)ので、張り切って更新していこうと思います。

 

 

 

先日Twitterのタイムラインを眺めていると、中大ローでどのような基本書や演習書を買わなければいけないのか、どんなものをベースに講義がすすむのか、といったツイートを観測しました。(やることがたくさんあると自称しているのに、なんで優雅にタイムラインなんて見てるんだ!という正論ツッコミはご遠慮ください。)

 

そのため今回は2年生以降の必修の講義で多くのロー生が購入する基本書等を紹介しようと思います。僕は既修入学のため1年生のときに使う基本書等は知らないです。ごめんなさい。

 

そんなわけで今回はあまり面白みのない内容になると思うので、わくてかしてこれを読んでいる方は、ここらへんで閉じるボタンを押してくださって結構です。

 

一瞬、ここでAmazonのリンクを貼ればアフィリエイトでウハウハ…!と考えましたが、「結局は金もうけか」「資本主義の豚」「机が汚い」「チビ」といった誹りを免れないと思ったので止めました。ほめてください。

 

では始めます。

 

2年生で大半が購入する基本書としては、

・新スーパー過去問ゼミ行政法

・基礎演習行政法

・プロセス演習憲法

・ケースブック会社法

・ロースクール民事訴訟

・新問題研究

民事訴訟第一審手続の解説

・民事判決起案の手引き

・紛争類型別の要件事実

・事例で考える民事事実認定

・刑事訴訟実務の基礎

・解説「弁護士職務基本規定」

といったところでしょうか。

 

ここに記載した基本書演習書たちは、それぞれ授業の際に使ったり中間試験の題材になったりするものですので、多くのロー生が購入します。

 

テキスト指定されていても授業で使わない基本書もありますし、先生によって使ったり使わなかったりというのもあります。

 

また、これらは僕が使ったというだけで、来年以降変わるかもしれませんので、参考程度にとどめておいてください。

 

行政法民法民事訴訟法、刑法、刑事訴訟法に関しては、先生方が作成した問題集をベースに講義が進められます(その問題集を白表紙教材と読んだりする。)。司法試験を意識したような問題も多く、講義の予習復習が司法試験対策に直結するようなことも多いです。

 

先生方も、司法試験の合格率等をかなり気にしているようで、司法試験に使えるような知識を伝授してくれます。(なんとかしたいけど受験指導が禁止されているためもやもやしているとなんとか…)

 

無論、理論と実務の架け橋の名は伊達ではなく、非常に難解な講義もあります。例えば、民事訴訟法とか民事訴訟法とか民事訴訟法とかです。毎年一定数が単位を落とします*2。学年にAは数人しかいないという噂…。

 

ただ、受け終わって改めて考えてみると、先生方が講義で聞いてくることは、学者である先生方にとっての問題意識を反映していることが多く、実際にその質問について考えを深めることは、非常に有用だと思います。特に判例吐き出し型受験生を絶対潰すマンと化している民事訴訟法の司法試験対策としてもかなり役に立つと思います。(成績の良くない僕が言っても説得力0ですけど…)

 

閑話休題

 

上記で示した基本書等は有用な本も多く、先輩から譲って貰うのは困難な本が多いです。ただ、「解説「弁護士職務基本規程」」については、先輩に言ったら多分譲ってくれます。修習に行ったら貰えるらしいし…。

 

3年生では必修科目の数が減ります。(2年生はほとんど必修科目で履修が埋まる。)そのため、3年生が講義のために購入するような基本書類は基本的にありません。

 

これらに選択科目等で購入する基本書類が追加されます。なので、まぁまぁ書籍代はかかると思いますので、これらの本を購入するのに必要なお金は確保しておきましょう。

 

こんなところです。

 

以上、防衛省の方向から歓声や怒声、万歳などの声が聞こえてくる自習室からお送りました(何なんだあれ…)。*3

 

追記

ゆきしおさんにアイキャッチ画像を作成していただきました!すごいクオリティ!ありがとうございます!わーい!!

yuxio.hatenablog.com

 

 

*1:

twitter.com

*2:正式な講義名は「民事法総合Ⅲ」といいます。ちなみにロー生は「民総Ⅲ」と略します。基本的に講義は「◯事法総合◯」という名前なので「民総Ⅲ」や「刑総Ⅰ(刑事法総合Ⅰ)」と行った風に呼びます。

*3:防衛省自衛隊の万歳三唱が聞けるのは中大ローだけ!

中央大学ロースクールだより特別篇 中大ローを受験する各位へ

中大ローを受験する各位に「なんだか自分でもやれる気がしてきたぞ…!!」と思える魔法の言葉を授けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

「「「みにゃたろっくが合格している」」」

 

 

以上です。応援しています。

中央大学ロースクールだより8月号

1、再開のあいさつと土下座と命乞い

お久しぶりです!!さーて今日も元気に中央大学ロースクールだよりを更新していこうと思うんですけd…痛っ…重点講義投げつけないで…本そのものだけじゃなくて、中身も重いから…。

 

はい。更新を怠っていてごめんなさい。これは本当に謝るしかありません。言い訳のしようがない。待っていてくださった方、本当に申し訳ありません。今後は、ハンターハンターの富樫先生の悪口は言いません。早く民法の基本書改訂しろよとか言っていたもの撤回します。

 

僕が重すぎる腰をようやく上げたのは、中大ローの入試が近いからです。中大ロー在学生の僕が、少しでも受験生の方のモチベーションを上げられたらなと思い、更新を再開するに至りました。

 

今回は前回予告していた通り、中大ローのいいところを紹介していくぞい!という内容です。以下で具体的に述べていきますので、お付き合いのほどよろしくお願いします。

 

※ここから、若干いやらしい話が入ります。いやらしい話が苦手な方は閉じるボタンを押して、「中央大学ロースクール最高!」とツイートしてください。

 

 

 

心の準備はできましたか?では始めます。

 

 

 

2(1)、お金がたくさん!!

 

(しょっぱなから、いやらしい話ですいません)

 

まず、中大出身の法曹が多いところが挙げられます(学部含む)。中大出身の法曹が多いということは、お金が集まるということです(本当にありがとうございます。)。また、中央大学は「法科の中央」と呼ばれ、設立時から法律に力を入れてきましたそうで、大学がより多くの人数を司法試験に受からせようという強い姿勢を感じます。

 

そのため、大学が様々な講座を主催したり、弁護士の方のゼミを安くで開講してくれたりします。おそらく、我々ロー生が格安で上記の講座やゼミを受講できるのは、ローからの補助が一定程度入っているからだと予想されます。なお、これらを主催しているのは、ロースクールではなく法職事務室というところなので、ロースクールによる受験指導ではありません(キリッ)。

 

再々々…伝聞なので、信ぴょう性は高くないのですが、某ロースクールでは、ロー生の答案の添削を、OBOGの方が半ばボランティアのような形で行っているロースクールもあるようです。

 

その点、中大ローは先生方には一定の謝礼金?給料?が支払われているようです。もちろん具体的な額は分からないですが…。

 

やはり、クオリティの高い講座やゼミを行うにはお金が必要不可欠です。お金を出してくださっている先輩方、本当にありがとうございます。

 

2(2)、開講されるゼミや講座が豊富!

 

(上記で若干述べましたが、)ゼミや講座が豊富ということが挙げられます。

 

夏と秋には、直近の司法試験受験生(秋は合格者)による、オリジナルゼミというものが開講されます。ローの上位数%にはいるような超優秀な先輩方が、懇切丁寧に指導をしてくれます。優秀な先輩とお近づきにもなれますし、その先輩自作のまとめノート等も貰えることもあります。オリジナルゼミには多くのロー生が参加します。

 

他にも、弁護士の方によるゼミもあります。これは基本書を通読するものから、司法試験の過去問を添削してもらう物まで幅広くあります。

 

未修入学の人向けに、フォローアップゼミという物も行われており、弁護士の方から勉強のアドバイスを貰えると聞きます。

 

更に、司法試験合格者による司法試験の分析会も行われています。そこに参加すると、上位合格者の答案が手に入るとかなんとか。

 

2(3)、一流の先生方の存在

 

中大ローには、憲法安念潤司先生や、民事訴訟法の高橋宏志先生、加藤新太郎先生、会社法の野村修也先生、といった、法学の勉強をする者ならだれもが知るような先生がたくさん在籍しています。これらの先生に、アポを取ればいつでも自身の疑問を聞くなどできるのは、ロースクール生の特権です。先生方も嫌な顔をせずに付き合ってくれます。どんどん活用しましょう。

 

2(4)、自習室が固定席

 

中大ローは自習室が固定席としてあるので、席取り合戦に巻き込まれる心配はありません。なお、図書室等もあるので、自習室以外で勉強することも可能です。

 

2(5)、中大ローは靖国通りに面している

 

講義中や休み時間、休日等に右翼の街宣車の軍歌を聞けます!軍歌好きな方にはおすすめ!!(そこまで頻繁にあるわけではないので安心してください。)

 

2(6)、防衛省が真裏

 

防衛省内のポケストップに定期的にアクセスできるのは、防衛省の職員か中大ロー生だけ!

 

2(7)、レッドブルが190円!

 

生協ではレッドブルが190円で売られています!安い!

 

なお、モンスターは205円の模様。

 

2(8)、猫がたまにうろついている

 

にゃー。可愛い。

 

3、まとめ

 

どうだったでしょうか。このロースクールだよりを読んで、ちょっとだけでも勉強のモチベーションが上がれば、作者冥利に尽きます。猫は可愛いです。近いうちにまた更新します。

中央大学ロースクールだより3月号その2

ブログの更新は月に1度程度にすると言ったな?

 

あれは嘘だ。

 

前回の記事を想像していた以上の方に読んでいただいたみたいで、正直なところびっくりしました。ローの友人知人からも「面白かった」「グーグルの検索に出てきた」「うぇ~いw」等々、様々な意見をいただきました。読んでくださり、本当にありがとうございます。ブログ更新だけでなく勉強へのやる気になります。そして今後ともよろしくお願いいたします。

 

1、入学式について(総論?)

 

今回ブログを更新しようと思ったのは、中大ローの入学式が目前に迫っているからです。前回もちょっと入学式には触れていますが、今回はちょっと詳しめに書いていこうと思います。

 

2、入学式前について

 

中大ローは入学式の日程を早めに教えてくれていたので、私は入学式の3日前の飛行機で東京に行く手筈を整えました。「入学式の3日前に東京に来て、東京の観光するぞい!」と東京をエンジョイする気満々でした。

 

飛行機を取ってからしばらくして、中大ローから資料が届きました。そこには…なんということでしょう。中大ローは入学式の3日前からガイダンスやクラスミーティング等を行うことになっていたのです。そういうことするなら、もっと早めに言ってくれ…。

 

そんなわけで、私は旅行カバンをゴロゴロ転がしながらクラスミーティング中の教室に入ることになりました。僕が「ちゅうだいろーちほー」をさまよう、かばんちゃんならぬ「かばんくん」と化したことは、フレンズの間では有名な話です。たーのしー!

 

クラスミーティングでは自己紹介をしたりクラス幹事を決めたりします。そしてクラス担任になった先生から、様々な説明を受けます。その中で最も重要なのは、ローの成績と司法試験との相関関係の話だと思います。要するに、GPAが高ければ高いほど司法試験合格率が高まるという話です。

 

後は入学式前日あたりに健康診断が後楽園キャンパスで行われます。翌日入学式で後楽園キャンパスに行くことになりますので、行き方や入学式が行われる場所等をチェックしておくと便利かもしれません。

 

3、入学式

 

後楽園キャンパスで行われます。確か、ロースクール以外にも他の大学院の方もいた気がします。親御さんの参加は、ぼちぼちくらいだったと思います。

 

偉い先生方のありがたいお話を聞いたり、人生で初めて聞く中央大学の校歌をその場のノリで口パクしたりします。あまり記憶にありません。

 

その後は懇親会が地下の食堂で行われます。食べ物やジュース、ノンアルコールビール等を立食形式で飲み食いできます。先生方もいらっしゃるので、有名な先生からサインを貰ったり一緒に写真を撮って貰ったりする絶好の機会だと思います。

 

ちなみに、私は友人知人ゼロで入学したので、懇親会を楽しめるはずもなく、5分くらいで退席しました。クラスの人と仲良くなる機会などいくらでもあるので、無理をせずさっさと退散するのも一つの手だと思います。三十六計逃げるに如かずとはまさにこのこと。

 

どうでもいいですけど、ロースクールは一応は大学院ですし、入学式ではなく入院式の方がそれらしい気がするのは私だけですかね。まぁ入院式ってなんか病院に入院するみたいすし、「甲)お前明日暇?」「乙)俺は明日は入院式」「甲)は?お前入院するの?(病院に)」「乙)うん、入院するよ(大学院に)」というアンジャッシュのコントネタのような勘違いが全国各地で発生するのが目に見えてますから、入学式の方が良さそうですね…。

 

4、まとめ

 

どうだったでしょうか。なんだか、中大ローだよりらしいことができたかなと我ながら思っています。ふへへ。この記事が未来の中大ロー新入生の役に立てばいいなと思います。

 

なお、次回は「現役中大ロー生が本気で中大ローのいいところを紹介する」という趣旨の記事にしようと思っています。

 

ここまで読んでくださり本当にありがとうございました。

中央大学ロースクールだより3月号

1、本ブログについて

 

みなさん、初めまして。今月から中央大学ロースクールだよりを更新していく「みにゃたろっく」です。よろしくお願いします。

 

twitter.com

 

私は中央大学ロースクール(以下「中大ロー」とする。)の2年生です(4月から3年生)。少なくとも外部の方よりは私の方が中大ローについて詳しいはずです。成績はアレな感じなので、勉強の話は別の方のブログを参考にしていただければと思います。むしろ私を反面教師としてとらえれば、勉強の参考になるかもしれません!…(ノω・、) …。

 

私が「中央大学ロースクールだより」というブログを作るに至ったのには一応理由があります。司法試験受験者をメインターゲットとしている受験新報という雑誌があるのですが、それには毎月「ロースクールたより」というコーナーがあり、ロー生が自分のロースクールを紹介しています。そこには長年中大ローの枠があったのですが、最近その枠が消滅してしまいました。そのため、今までの伝統を引き継ぎ、はてなブログに「中央大学ロースクールだより」を開設するに至ったのです。(※本ブログは「ロースクール【だ】より」であって本家本元の受験新報の「ロースクール【た】より」とは直接の関係はありません。

 

ここまで書けばお分かりいただけると思いますが、完全に非公式ですので過度な期待はしないでください。そして本家受験新報の形式に則って、更新は月に1回程度を予定しています。何か書いてほしいネタがあればリプライでもブログのコメントでもしていただければ幸いです。

 

2、ようやくの本題

 

さて、今月は3月、卒業式のシーズンですね。高校の卒業式は意中の先輩からボタンを貰うだなんてクソみたいな素晴らしいイベントが知られています。ロースクール生だと、意中の先輩の六法や基本書を貰ったりするのでしょうか。ヒューヒュー!この三百代言!

 

もともと学ランというのは気功を突かれることを防ぐために作られた服がもとになっており、その名残として今の学ランのボタンは急所とされる気功の箇所に設置されている…という嘘を今考えました。

 

閑話休題。中大ローの卒業式は後楽園キャンパスで行われます(正式には卒業式ではなく修了式)。東京ドームに割と近く、2022年にロースクールと法学部が移転する予定の場所です。現在は中央大学の理系の学部が使っています。入学式もそこで行われます。ちなみに、入学式のあとに懇親会が地下の食堂で行われるのですが、私たちの代からそこでお酒は出なくなりました。ノンアルコールビールかジュースやお茶です。懇親会の後も勉強しろよという中大ローからのメッセージでしょうか。

 

この春卒業していく先輩方は、一緒に同じキャンパスで学んだ方々であり、いろいろお世話になったので、ぜひともみなさんが合格してほしいところです。そして早く働き始めて私においしいごはんをおごってほしいです。

 

この春に卒業する先輩に「卒業おめでとうございます。お祝いに高くて美味しい物をおごってください。」と言ったら怒られました。やはり先輩方は司法試験直前期であるため、メンタル的にやばいことになっているのでしょうか。司法試験恐ろしい…ガクブルグラブル…。

 

最後になりますが、先輩方ご卒業おめでとうございます。司法試験終わったら飲みに行きましょう。

 

以上、アニメの最終回が相次ぎ少々おセンチな気分になっているみにゃたろっくでした。